当薬(センブリ)10g 第3類医薬品

当薬(センブリ)10g 第3類医薬品

  • 優しいノンカフェイン

苦味 胃腸薬

医薬品
効能効果・・・胃弱、食欲不振、胃部・腹部膨満感、消化不良、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胃のむかつき。

「良薬は口に苦し」はこのセンブリにぴったりの言葉です。
昔から伝わる日本の三大民間薬の1つであり、1681年の「本草弁疑」に記載されており今でも大変親しまれております。
また、インドのアーユルベータ医学でもチレッタセンブリとして互いの影響を受けずに古くから同じ効能の薬草とされていたことは、大変面白い事実であると言えます。
苦み成分は、スエルチアマリンやゲンチオピクロサイド、アマロゲンチンなど苦味配糖体が含まれている為です。
センブリは、千回振り出しても(煎じても)まだ苦味が残っているという事からつけられた名前で、また当薬と呼ばれているのは「当(まさ)に薬」の意味でよく効くことをいっています。

また、外用としても効果があり、毛生え薬として様々な商品に含まれており、毛根を刺激して発毛効果を表す様な作用があります。

  • こういう方にオススメ

    ch2 弱った胃に。食欲のない方に。

  • こんな味わいです

    1. 飲みやすさ

    香りは良いですが苦味が強く、飲んだ後にも苦味が残ります。

  • お召し上がり方の目安

    • やかんで煎じて飲む

      1日量0.8gを水約300mlをもって煮て、約150mlに煮つめ、カスを取り去り、食前又は食間3回に分服してください。

医薬品の販売について

  • 使用上の注意 ■■してはいけないこと■■
    • ■■相談すること■■
      1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 医師の治療を受けている人
      2. 1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って 医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  • 効果・効能
    • 胃弱、食欲不振、胃部・腹部膨満感、消化不良、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胃のむかつき
  • 用法・用量
    • 大人(15歳以上)は1日量1.5gを、水約300mLで半量になるまで煮つめ、 滓を取り去り、食前または食間3回に分服、あるいは熱湯中に浸して振出し、その 振出液を服用する。 定められた用法・用量を厳守してください。
  • 成分・分量
    • 日本薬局方 センブリ
  • 保管及び取扱いの注意
    1. 直射日光をさけ、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
    2. 小児の手のとどかない所に保管してください。
    3. 誤用をさけ、品質を保持するために他の容器に入れかえないでください。
    4. 本品は天然物でその性質上、吸湿してカビが生えたり虫づくことがありますの で、開封後の保管に充分ご注意ください。

当薬(センブリ)10g 医薬品 は医薬品です。

法令により、医薬品をご購入される場合、下記事項を確認することが義務付けられています。
当てはまる項目をチェックしてください。
(当てはまる場合、購入いただけません。 お気軽にご相談ください。

また、上記の使用上の注意を必ずご確認の上、
購入するために必要な『使用上の注意』を確認した」ボタンを押してください。

  • 医師の治療を受けている 服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
購入するために必要な『使用上の注意』を確認した 必須 これにより当薬局からの質問事項のご確認と、商品説明をご確認いただいたことに同意したこととみなします。

この商品を購入した人は以下の商品も見ています