高麗人参(コウライニンジン) 朝鮮人参(チョウセンニンジン)

高麗人参(コウライニンジン) 朝鮮人参(チョウセンニンジン)

抗疲労、強壮、強心、鎮痛、胃腸の虚弱による新陳代謝機能の低下、胃部のつかえ、食欲不振など

無農薬 国産:信州産・雲州産人参


<人参とは>
もともと、人参は朝鮮半島が起源であり、そのために朝鮮人参や高麗人参と呼ばれていますが、現在では、日本国内でも栽培されています。
中国でも、日本でも、大変効果があり、かつ貴重な薬で庶民には高値の華であったあったことから、病を治すために人参を買い、その為「人参飲んで首括る」のことわざも生まれました。

日本では、朝鮮半島から輸出していた人参をどうにか日本で栽培できないものかと初めに考えたのは、豊臣秀吉や加藤清正であるといわれています。
しかし、きわめて栽培が困難であり、その後100年以上経ってはじめて8代将軍徳川吉宗が日光の幕府の薬園で栽培に成功しています。
この吉宗は、病院を作るなど江戸の医療水準を高めた将軍であり、この人参を諸藩に配り栽培を推奨しました。
その為、将軍から下げ渡された御種と言う意味で日本では『オタネニンジン』を呼ばれています。
その後日本で栽培に成功したのは、限られた場所のみでで、そこから人参栽培のノウハウは今の観光に広げられ、中国に渡りました。

<西洋学的な人参の薬理作用と効能効果>
血圧降下、血圧上昇(血圧のバランスを整えます)
滋養強壮、精力増強
老化防止、
呼吸促進
消化管運動亢進
筋肉疲労回復
抗ストレス、ストレス胃潰瘍抑制
インスリン分泌促進作用、血糖降下作用、
脂質代謝促進
免疫調節作用
ラット学習、記憶改善
精神安定、
神経弛緩、
解熱、鎮痛、抗痙攣、
冷え、貧血、盗汗、副腎ホルモン分泌促進

<人参の種類>
4年根、6年根とあり、6年根の方が効果が高い。

白参;通常4年根。皮を剥いてそのまま乾燥または、軽く蒸して乾燥
紅参;4年根と6年根がある。
皮を剥かずに蒸して乾燥。
蒸すことにより有効成分が増大し、白参にはない特有の成分としてギンセノシドRg2、Rg3、Rh1、Rh2等が知られています。
また、紅蒸人参は表皮を残したまま加工しているため、表皮の周辺に多い有効成分が失われないのです。通常こちらを使用する事が多い。

<紅参>信州産 6年根 無農薬 
紅参
<白参(キボシ人参)>雲州産 6年根 無農薬 (奥の大きな白参は現在取り扱いがありません。)
高麗人参 

  • こんな味わいです

    1. 飲みやすさ

    人参独特の香りがあります。

  • お召し上がり方の目安

    • <やかんで煎じて飲む>
      約600mlの水に人参を入れ沸騰させ煎じます。半量になるまで煮詰めたら、鹿茸を取り出し一日数回に分けお召し上がりください。

    • <粉末>
      粉末を一日2~3回、一回につき1~2gを目安にお召し上がりください。

    • <薬酒>
      朝鮮人参(4年根・6年根問わず 生・乾燥問わず)をホワイトリカーに漬けて薬1.5ヶ月~3ヶ月おく。
      密閉した状態で直射日光を避け冷暗所で保管してください。食前酒で服用すると元気が出て食欲が増し温かくなる。

    • <薬膳>
      サムゲタン(参鶏湯);特に寒い地方で寒気に2回服用する民間療法。
      若鶏1羽の内臓を取り、その中に朝鮮人参(40g)いれ餅米1合を入れ糸でくくる。これを鍋に入れて水を一杯に胃で24時間とろ火で煮込む。
      水が無くなれば注ぎ足す。
      この粥スープを服用すれば一年中健康に暮らせると多くの人が用いている。

  • 高麗人参(コウライニンジン) 朝鮮人参(チョウセンニンジン)
    • 商品名:
      高麗人参(コウライニンジン) 朝鮮人参(チョウセンニンジン)
      容 量:
      -
      メーカー:
      d-00009
    • 人参は通信販売では販売しておりません。
      詳細は店舗の方にお問い合わせください。

      本草閣本店

      TEL : 052-241-3388(代表)

この商品を購入した人は以下の商品も見ています